喪失感。

 たまらない喪失感、孤独感。

 私の人生を虐げたのは嫌悪感ではない。むしろ嘔吐感だ。

 誰かがそう言っていました。  人生前半、特に10代後半〜30代前半、もしくは今まで、嘔吐感に悩まされています。

 私が最も孤独感を覚えるのは、たった一人で過ごす時ではない。それは雑踏の最中にいるときのことだ。  とも、誰か偉い人が言っていました。

 何かが足りない、何かが。  体の奥底から、キラウエア火山のマグマのように湧いて出る、元気、やる気が全く起こらないのです。  年のせいである、疲労感とも異なります。  何かが足りないんです、何かが。  それがなんだかわかるまで、、、、、洞窟に隠れる蛇のように。。。。。静かに過ごしたい。

Leica M9-P summicron 50mm F2 解放 F2 シャッタースピード 1/125 (絞り優先 −1段)

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
© 2020 shinkichic.net