検索
  • shinkichic☆

ストッキングをナメていた。


 ストッキングをナメていました。

 といっても、「ハァハァ、ストッキングぅ。ストッキングぅ、ハァハァ」、という意味ではありません。  じゃあ何か???  こないだ、100均ショップに行ったんですよ。  で、レザー磨きに、という商品で、結構硬めのスポンジの上に、ストッキングの先っちょだけ(つま先?)、をかぶせた商品があったんですよ。

 以前、レザー磨きには、ストッキング!!、という雑誌の記事を読んで、わざわざ、ドラッグストアで、ストッキング(当然、女子用。)、を恥ずかしい思いをして購入したのに、ちょうど良いスポンジが見つからなくて、断念していた、ストッキング磨き、これでできるぞ!!、と思って、もちろん購入。  2個入りで、108円ですもんねー。  痛くない、痛くない。

 で、帰ってから、早速試してみましたよ。  ゴシゴシ、ゴシゴシ、ゴシゴシ、ゴシゴシ。  結論だけ言うと、確かに、少し?、結構?、輝きを増した感じです。

 でも、なんで、そんなレザー磨きにこだわるの?、と言われると、ちょっとした理由があります。  実は、ある雑誌の、レザー特集号(主に、革ジャン。)、に、ちょおかっこえぇ一枚があったんですよ。  オイルたっぷり入れて、ピカピカに磨いて、さらにフラッシュを思いっきり当てて、ギトギトに青く光らせた革ジャンが。

 うわっっ、これ、やばいっっしょ。。。  ほすぃ。

 と思いましたが、ここで、ちょっと冷静に。  ダブルのブルーの革ジャンなら、すでに持っています。  だから、これを、上手に、上手に育てれば、こうなるのではなかろうかと。  で、さっきのドラッグストアのお話につながるわけです。  最近、時間の使い方が、メチャァ、クチャァ、に下手くそになっているので、そこまで手が行き届いていませんが、冬までには(北海道は、もう、秋です。。。)、きちんと仕上げて、ピッカピカの、テッラテッラにしたいと思っている所存でございます。  他にも書きたいことがあるので、それではね☆

#プライベート

0回の閲覧