検索
  • shinkichic☆

変なフィルム、現像体験記。


 昨晩、みんなのアイドル N.T さんに依頼された、へんなフィルムを現像いたしました。  みのりパンSS。  Wikipedia でも間違った記載(笑)をされているフィルムです。  俗にボルタ判とよばれる正方形フォーマットです。  で、その間違った記載をしている(笑)によると、1995年頃まで製造(!?)されていたそうです。  単純計算で、20年前!?  っていうか、そのフィルム、もっと古い可能性があるから。。。  なにも言うまい。  で、奇妙な縁で、現像を頼まれた訳です。  モノクロの現像なら、今まで少なくとも1000回以上やって、失敗したのが、2、3回、という99%以上の成功率を誇るshikichic⭐︎です。  腕まくりして、N.T さんの期待に応えるべく考えました。  まず、考えられること。(以下専門的なので、分かる人にはわかるけど、わかんない人には全く分かんないので、読み飛ばしてください。)  冷静に考えると、ものすご〜く古いフィルムなので、光には当たってなくても、もうネガのベースが真っ黒になっている可能性大、というか、ほぼ間違いなし。  相当に減力して、現像すること。  リールには巻けないので、メスカップを使って、入れたり出したりして攪拌すること。  そのためには、全暗室にしなければならないこと。  以上、3点を考慮して、T-MAX Dev 1:9 10℃ (通常は、1:4、20℃ がスタンダード。)  考えられる部屋の電気を全部消して、おトイレを全暗室にすること。  攪拌ですが、まぁ、なんとかなるでしょ。  ゴム手を履けば。  ということで、スタートしようといたしましたが、いったん暗室にして気づきました。  ウォシュレットの電気ついてる。  過去に、これで失敗したことがあるので電源を切りました。  後は、カラープリント用のセーフライト、を準備していざスタートです。  。。。  。。。     。。。  今どれぐらいたったかわかんない。。。  不安になります。  とりあえず、フィルムをセーフライトにかざして、あとはもうカンです。  相当減力しているとはいえ、古いフィルムです。  一番怖いのは、全部真っ黒。。。という結果です。  とにかくカンで、もう良いかな、もう良いかな、とセーフライトにかざします。  そして、時は満ちた!!、と(あくまでカンで。)、停止、定着です。  さてさて、どうだろ、と思って、セーフライトにかざすと、(あくまでセーフライトの下で。)、すごく透明でした。  うわー、透明でキレイ、、、なんて思っている場合ではありません。  真っ青になって、現像液に漬け直します。  せめて、完全透明だけは勘弁してくれ、勘弁してくれ、と祈るような心持ちで現像液に漬け直して漬け直してみますが、状態は変わらず。。。  今度ばかりは、手に負えなかったか。。。と思って、定着液に、10分浸して、おトイレを出てライトをつけ、とりあえず水洗です。  もう、悲しくてフィルムを見る気持ちにもなりません。  あぁ、みんなのアイドル、すごく悲しむだろうな、どうしよ。。。と思いつつ、QW (簡単に言うとフィルムの洗剤です。)に漬けて、また水洗して、DW (水切れを良くする液。)に浸して、ふと気付きました。 (読み飛ばした方は、この辺で読み直してください。)  真っ黒でも、完全透明でもない!?  ベースは少し黒いけど、ほのかに何かが写っているあとがある!?  みんなのアイドルの期待にちょこっとだけど応えられたかも!?  そんなわけで、乾燥のためにクリップに吊るして、お風呂のライトにかざすと、確かに、正方形の像があります。  でも、何が写っているかはわからない。。。  これって、成功といえるのか。。。は置いといて、できることはちゃんとやった。(ホントは、もうちょっと気づけば良い点があったのですが。)  完全燃焼。  ふと、外を見ると、もう、少し明るくなっていました。  完全燃焼。  1日の疲れと、現像の疲労とが ワタクシ shinkichic⭐︎ を眠りに誘いました。  起きてから気づきました。  端っこだけ切って、テスト現像すれば、もうちょいよかったかも。  後悔先に立たずです。  またこういうことがあれば(?)もうちょっと上手にやろう、と思いました。  おしまい。


0回の閲覧